育毛剤はどれくらい使えば効果が出るのか?

ikumou-zao

抜け毛が多いなと感じたりや年齢的に若いのに髪の毛が細いなと思いますと、身内や親せきの中で頭皮が禿げている人がいると知るほど、自分の将来の事を考えて早めに頭皮のケアをする人もいます。

早期治療を試みている人の中には10代後半から始めている人もいますし、20代、30代ですと育毛剤を入手して一生懸命に頭皮に付けており、より治療に励んでいる人はネットワークを使ってどのメーカーが効果があるのかと意見交換をすることもあります。

育毛剤は頭皮に直接塗るタイプが多く、お肌が弱い人は効果を得る前に頭皮が荒れてしまったり、臭いが嫌いという理由で断念するなど相性もあります。また3か月ぐらいで効果が表れた人や1年続けてみてなんとなく髪の毛が生えてきたかなというケースもあります。

あくまでも個人差によって効果の表れ方も違ってきますので、どのメーカーを選んでも継続しないと効果が感じられないですし、値段が高い商品もありますので育毛するにはそれなりの費用が掛かることも知っておきましょう。しかし、チャップアップはamazonなら安く買えるのでおすすめです。

育毛剤を使用する時には、抜け毛や薄毛の原因を知った上で使用しますと効果を得られることができますが、AGAなど男性ホルモンによる原因ですとメーカーによっては効果が薄いこともありますので、まずは原因を知ってから改善方法として合った商品を探してみましょう。

育毛サプリの効果はどの程度?

治療するまでにはいかないけど髪の毛の抜け毛や薄毛の進行状態を抑えたい場合に、育毛剤ではなく育毛サプリを選択する人がいます。

育毛サプリは自宅や職場から近くにある薬局にて購入することができますし、育毛サプリではなく育毛効果がある成分の健康サプリでも代用することができ、健康目的としても両立することができますので治療するよりも深く考えることなく取り入れることができます。

また育毛剤ですと副作用の心配もすることがありますが、育毛サプリですと含まれている成分の多くは食材や植物など天然素材なので、副作用の心配もなく続けられます。

育毛サプリなので薬とは異なり育毛としての効果は個人差があって、中にはまったく効果が実感しなかったよという人も出てきますし、男性ホルモンによる抜け毛や薄毛が原因でしたら他の改善方法を取り入れないと難しい場合もあります。

ただストレスや生活習慣、出産による一時的なホルモンバランスの崩れが原因ですと、育毛サプリを摂取しながら特定している原因を取り除くことで効果が期待することができますので、気になる人は主な原因を追究してから取り入れることで、3~6か月後には頭皮の状態の変化も感じられますよ。

ジヒドロテストステロンはAGAに影響あり?

ジヒドロテストステロンは活性型の男性ホルモンの一つです。男性ホルモンの一つであるテストステロンが5aリダクターゼという毛乳頭に存在する酵素と結びつくことで、生まれるのがジヒドロテストステロンです。

このジヒドロテストステロンは髭や体毛を濃くする作用があるので、男性らしい外観には必要不可欠なホルモンでもあります。しかし毛根を委縮させる力が他の男性ホルモンの10~100倍あるとも言われていて、頭髪を薄くしてしまう働きも持っているのです。

テストステロンは西洋区や性器の形成、男性らしい肉体のラインを作り上げる働きがあり、男性にとってなくてはならない存在ですが、20代以降には減少する傾向が見られます。

減少した後に体がジヒドロテストステロンを生産しようと5aリグクターゼが増産される、もしくは遺伝などによってもともと多くの5aリグクターゼを持っていることで、AGA男性型脱毛症につながるとされているのです。

ですから、すべてが遺伝という訳でもなく、遺伝が関係しないという訳でもないのです。ジヒドロテストステロンはAGAの原因の一つとなる男性ホルモンなのです。

薄毛と抜け毛の大きな違い

髪の毛の抜け毛が多いと自分の父親や祖父の髪の毛の状態によっては、近いうちに禿げてしまうのではと心配になってきますよね。ただ抜け毛は個人差があるものの男女関係なく、1日数十本もの髪の毛が抜けてしまいますが、時間の経過と共に再び生えてきます。

これは毛のサイクルで髪の毛だけではなく、手や脚のムダ毛、ワキの毛にも当てはまることなので、年齢によっては抜け毛が多いなと感じることがあっても気にしない方が良いでしょう。

一方、薄毛は高齢になってきますと髪の毛の質が変わってゆき、若い時には太くコシがあると感じていたのが細くて柔らかい毛になってゆきます。今までボリュームだと思っていた髪の毛が量が少なく感じてしまい、とくに男性ですと抜け毛と同じように禿げてしまうのかと心配してしまうのです。

ただ薄毛と抜け毛の違いは、抜け毛は再び生えてきますがストレスや生活習慣などのホルモンバランスが崩れてしまったり、遺伝性によっては髪の毛が抜けてしまったあとに生えにくくなってしまったりすることがあります。

薄毛に関しては髪の毛の質に変化が出ていますので全体的にボリューム感がないと思われてしまいますが、加齢による現象であり髪の毛のサイクルが崩れている訳ではないので、抜け毛とは違い禿げる心配も少ないでしょう。

抜け毛症と抜毛症の違い

健康な髪の毛は、発生期と成長期、休止期、退化期という毛周期を経て、生えては自然と抜け落ちるというサイクルを繰り返しています。しかし、毛周期が狂ってしまい、退行期に入る前に髪の毛が抜けてしまうのが抜け毛症です。

結果として、薄毛が進行していきます。食事、ストレス、遺伝的要因、加齢、皮膚の炎症、薬の副作用など、抜け毛症を引き起こす原因は様々で、治療をするのも難しいというのが現状です。

一方、抜毛症は精神的衝動によって引き起こされるものであり、衝動制御障害に分類されます。抜け毛症はトリコチロマニアとも呼ばれており、精神的衝動にかられ、頭髪や眉毛などの体毛を自分で引き抜いてしまうのが症状です。

自分でも無意識のうちに抜いてしまっていることや、10歳前後の子供に多く見られることから、薄毛になったことに気づいた人の多くは抜け毛症によるものだと間違えやすいのです。一般的には成長とともに、または一定期間が過ぎると、自然と抜毛症はなくなっていきます。

また、毛が抜けた部分に関しても、頭皮環境に問題がなければ自然回復します。抜け毛症は髪の毛が抜けてしまうのが症状であり、抜毛症は自分で抜いてしまうのが症状です。

育毛メソセラピーとは?

育毛技術の一つにメソセラピーというものがあります。このメソセラピーというのはいったいどのようなものなのでしょうか。

メソセラピーは薄毛の治療に使用する成分を、レーザーと超音波の力を利用して頭皮に浸透させる方法になってきます。一般的なAGA治療薬を使用した治療に比べると、短期間で薄毛を改善させることが出来る方法として人気があります。

発毛実感率が99%とかなり高確率で発毛を実感できている人が多く、薄毛を改善したいけど、植毛を行うということには抵抗感があるという人に、この育毛メソセラピーを選ぶという人が多くなっています。

メソセラピーはだいたい治療開始から3ヶ月くらいで発毛を実感することが出来ると言われています。毛の量というのは一度増え始めれば、薬によってその毛の量を維持して行くことが可能になりますが、この毛の量を増やすということが一番難しいと言われています。

メソセラピーはこの効果を短期間で実感できる方法になっているんですよ。AGA治療を専門的に行っているクリニックの場合では、通常のAGA治療が各駅停車であれば、育毛メソセラピーは特急電車である。といわれています。